コルクマットの再利用法として8つの使い方を考えて見た

コルクマットの再利用法として8つの使い方を考えて見た

コルクマット のデメリットとして汚れが目立ちやすいというのがあります。

あまりにも目立つようだと交換したいですね。

でもコルクマット ってゴミにするのも結構かさばるし、何ゴミに捨てればいいの?なんて分別に悩んだりしますよね。

そこで、ちょっと再利用ができないかな?って考えてみました

(自分のコルクマット がちょっと汚れてきたので、次は新しいジョイントマットにするかなあとおもってるんだど、古いコルクマットを再利用したいのよ。何ができるかな??って考え出した候補案)

壁紙にDIY

まずは斬新なのかなら行ってみよう

壁紙にするにはちょっと分厚いけどさ、簡単に切れるのでブリック(レンガ)風にすることは可能だから、割と簡単にできそう。

コルクマット を適当な大きさに切ってペイントするのも楽しいかな。

手間はかかるけど、DIY好きならめっちゃ楽しめるよ。

コルクボード用に切っちゃう

下に使ってたからこれは却下かなって案なんだけど、でもやってみるのは面白いんじゃないいかな。

私の計画ではお風呂場でままず綺麗にじゃぶじゃぶ洗って、ハートや星など、好きな形にカット。

ローカの穴が開いたところ(息子が学生時代にグーパンチで穴開けた)に両面テープでくっつける。

ドライプラワーを飾ったり、孫の写真を飾ったりできそう。

出来上がったら画像貼るね♪

トイレに使って見たら??

これはまあまあ普通の案ですけど

うちのトイレも随分古いから床のCF(クッションフロアー)がところどころめくれていているのを隠そうかと考え中。
今、リビングに敷いてるコルクマット が汚れてきたら、形を合わせて切って敷くか、面倒ならあるいは丸とかハートに切って、置いておくのもありですよね。

風呂場の脱衣場にもいいよね

お風呂上がりの素足には気持ちいいですよね。

濡れても大丈夫なのでおもいきり汚しちゃいましょう♪

そして一番いいじゃない♪って思うのは、冬場の足の冷たさがなくなること。

冬場の脱衣所って冷たいから足拭きマットの上で着替えることになりませんか?

適当な大きさにして置いておくと冬場の足の冷たさから解放されます。

お風呂のバスマットがコルクだとちょっとおしゃれじゃない?

お風呂の洗い場に敷いてみるのも面白いですね。

バスマット。

バスマットもEVAなので表面のコルクがあるかないかの違い。

コルクのバスマットってちょっとおしゃれじゃないですか?

滑り止めにもなるので、小さお子さんや、お年寄りのいる家庭にも安心♪

使ったとは立てかけて乾かす。

隙間のギザギザがあるので、分解バラバラにして乾かさないといけなところがデメリットだけど、使い捨てと割り切ればいいかもしれません。

窓は開けて換気はよくしましょう。

カビが生えたら、潔く捨てましょう♪

再利用だからこそ、気持ちよく捨てられますね。

キッチンマットで足腰楽チン

キッチンは汚れやすい。

私だけかしら??

よくものを落としたり、こぼしたりするんですよね。
なので、古いコルクマット を使うのはちょうどいい。

キッチンの立ち仕事にコルクマットすっごくいいんですよ。

足腰が楽です。

それにおお皿を落としても割れない!!♪( ´▽`)

ペットのおしっこシートの下に敷く

ワンチャンやネコちゃんのおしっこシートの下にしくのはグッドアイデアでしょ。

ワンチャンやネコちゃんの足にもとっても優しいし、失敗してもコルクマットなら洗えます。

そして、ボロボロになったら気持ちよく捨てちゃえます♪

ペットのいるお家ではぜひやって見てください!

ケージの中に敷くと、わんちゃんも快適

ペットの敷物にはぴったり。

夏は暑くならないし、冬は暖かい。

ワンチャンだって気持ちいいワンワン

ベランダにしく

最後に最後は使い捨てのつもりの外出し

捨てるコルクマットならベランダのちょっと裸足スペース(たまにベランダスリッパに履き替えるのが面倒だったりしませんか?)におく。

おすすめ度はひくいけれど。
なんでって、一旦敷いてもその時は裸足で歩けそう♪って思うんですけど、やっぱり裸足で歩くと汚れるので洗わないといけなくなるのよ・・・。

結局は掃除が必要になって、二度手間になるんだよね。

なので、まあ最後につかって捨てるというのがおすすめです♪

まとめ

新しいパーツ買ったけれど古いのを捨てるのもちょっと惜しい気がする・・って気持ちがむくむく。なんてことありますよね。

そのまま捨てちゃうのももったいないよなあ・・・(今の私)

ゴミに出すのも面倒なんだよね・・・

なんて考えた時の楽しみ方案

こういうの考えてる時ってめちゃワクワクしませんか?
もともとDIY大好きだからかもしれませんが、断捨離〜〜!!ってぽいするのもいいけれど、新しい命を粉を振りかけて上げる作業はとても楽しいもの。

最後にもういらないなって時はお別れです。

「ありがとう!」っていってさよならしましょう♪

新しいコルクマットはこちらで購入できます

やさしいコルクマット通販 BunBaBon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です