コルクマット はダニがつきにくいマットです

カーペットにしょうかコルクマットにしようか・・と悩んでいませんか?
小さいお子さんがいるならコルクマット をお勧めします。
コルクマット はダニに強いマットです。
ダニはどんな所に背即していて何を餌にしているかを調べてみました。

ダニの種類

ヒョウダニ(チリダニ)

一年中見られるダニ
カーペット、ソファー、枕、布団などにくっついていて、埃や人のふけや垢を食べる。
人を刺さないけれどこのダニの死骸がアレルゲンとなる。

コナダニ

高温多湿になると発生するダニで繁殖力が旺盛
ツメダニの餌になる
低温に弱いので、温度を下げる、湿度を下げるという対策が必要となる。
食べ物や畳に生息して、餌は様々な食品。
子供の食べこぼしなどはかっっこうの餌になりそうです。

ツメダニ

梅雨時のダニ。吸血しないけどたまに噛み付く。
生息場所はカーペットや畳、布団
餌は他のダニ

イエダニ

最近ネズミの出る家もあまり見かけないし、今回のコルクマット とはちょっと話が変わる内容なので割愛

ダニ対策

ダニって見えないから厄介ですね。
想像すればするほど怖くなってきます。
でもダニのいない家はないです。

カーペットで問題になるのは繊維の中に食べ物がおちるとにくいってこと。
掃除機吸うのも限界があります。
畳も隠れるところがありすぎるんですよね。
そういう意味で、コルクマット は掃除しやすいと言えます。
ダニ対策にコルクマット は賢い選択です。

コルクには防虫成分がある

コルクはスベリンという細胞物質が細胞膜になってコルク化したものです。
これは有害物質を吸収しない構造になっています。
マングロープも同じ構造なのですがマングローブは海水を吸収するのを防いでいます。
ではコルク樫は座で

ダニの住みにくい環境ににする

フケ、髪の毛、表皮お剥がれたもの、食べこぼし、
これらを少なくすることは大事です。特に布団、カーペット。

温度

人間の過ごしやすい温度はダニにも過ごしやすいんですね・・。
寒いと少なくなります

湿度

カラッとしてるよりはじっとりとした梅雨時がお気に入り。
5月ごろから10月ごろが一番のお気に入り。
一年中見れますが、寒いのや乾燥はに苦手なので、お部屋は湿っぽくならないように気をつけたいですね。

まとめ

ダニを寄せ付けないためには掃除が一番
ダニのいない家はいません!といってもいて欲しくないもの。
絶滅は無理としてもできる限り寄ってくるな〜〜〜〜!って気持ちになりますもんね。
それにはやっぱり掃除が一番♪
掃除機が一番です。
マットの表面はささっとできちゃいます。
ジョイントマットのメリットでもありデメリットとも言えるジョイント部分。
ここにはゴミが溜まっていくので、時間のあるときは剥がして掃除をしましょう♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です